代表理事挨拶
greeting

明治の初期、我が国に洋楽が入って以来、約150年の間に目ざましい進歩を遂げ、今や日本の音楽水準は世界と肩を並べるまでに到りました。我が国音楽界の飛躍的発展のため、その原動力となるのは未来を担う若者です。
現在、多くの方が経済的理由により奨学金を利用されており、国による給付型奨学金の拡充が図られるなどの変化もみられますが、大学進学を志す若者を支援する環境はまだ不十分と言わざるを得ません。
このことから、安心して学業に専念できる環境作りに少しでもお役にたつことが出来ればと思い、優秀な人材育成のため、音楽関係大学生のうち学業人物ともに優秀かつ健康であって、経済的理由によって修学の困難な学生に対し、奨学金を給与し、我が国音楽界の発展のために安心して学業に専念できる環境作りに少しでもお役にたつことが出来ればと思い、一般財団法人藤澤記念財団を設立することとしました。

一般財団法人藤澤記念財団代表理事藤澤 信義